新築実例

和の優しさと木の柔らかさに心、落ち着く家。

一歩入るだけで「ああ、優しい、お昼寝したい」と、感じてしまう、心和む癒やしの家。子ども達も、いろんな居場所で、のびのびと感性を拓いている。
  • LDKの気配を感じられるスキップフロアが家の中心に。その下の小部屋は収納として作られたが、今は子ども達の“秘密基地”に使われている。友人を呼んで小部屋にこもり、プロジェクターで動画を投影する“ミニミニシアター”を楽しんだことも

  • 2階天井まですべて、シナベニヤ板を貼っている。子ども部屋には階下の気配を感じられる小窓も

  • タモ集成材で造作した机が「家具としてもカッコいい」と奥さまお気に入り。2階の子ども部屋にも同じ机を建て付けた

  • ソファを置かない家族のために提案された、リビングのベンチ兼カウンターテーブル。照明も一つひとつ、場所を計算して設けられている

  • 手持ちのダイニングテーブルに合わせて、壁の幅やニッチの高さ、スイッチの位置も設計。「何でも相談できて、本当に安心でした」と奥さま

  • ガルバリウムと木の切り替えが和モダンな印象の外観。雨にぬれず家に入れるビルトインガレージは、夫婦の憧れだった

高い”共感力“と
造作の技術を駆使して
暮らしをデザイン

この2階建ての家には、実は〝壁紙〟が1箇所も使われていない。壁から天井まで包むのは、縦横に寸分の狂いなく貼られた、木肌が美しいシナのベニヤ板。そして水廻りには、ワラを混ぜ込んだ珪藻土の塗り壁。[シーズグロースアーキテクト]が誇る技術と豊かな感性を象徴する、ポイントの1つだ。

木の質感豊かで趣ある家づくりに惹かれ、同社での家づくりを選んだK夫妻。一番の希望は「落ち着いた家」。「具体的なイメージをうまく言葉にできなかったのですが、坂田社長が汲み取ってくれ、感性が合ってすごく〝しっくりくる〟提案ばかりでした。和の要素もあり、心和み落ち着ける、まさに理想としていた空間です」と、奥さまは 〝共感力〟の高さを嬉しく感じたそう。

さらに、家族の希望や暮らしに合わせ、ほぼ既製品を使わず建具なども造作しながらデザインするのが、同社の家づくりだ。吹き抜けリビングには、友人が多い一家のためのベンチ兼カウンター。正方形の大窓には昔ながらの障子戸と木の雨戸。ダイニング・キッチンは、手持ちの家具に合わせて空間設計。玄関から直行できるパントリー、ランドリーには室内干し場、クローゼットもすぐ横で家事楽に。そしてご主人熱望のビルトインガレージには、バイク用スペースも。一つひとつ、家族の暮らしに沿わせて手作りした手間暇が、家のどこを見ても感じることができる。

今、家族の居場所になっているのが、リビングを見下ろせる中2階の空間と、その下の小部屋だ。家族の気配を感じながら宿題をしたり、小部屋をミニシアターにしたり…。日々、いろんな過ごし方が生まれ、感性が磨かれる場所。ノスタルジーと洗練が共存するデザインが、家族を柔らかく包み込んでいる。

物件概要

ハウスメーカー シーズグロースアーキテクト株式会社
予算
間取り 4LDK+ロフト+書斎
階数 平屋
性能 耐震 高気密 高断熱 省エネ 創エネ ZEH(ゼッチ) 防音 遮音 通風 採光 オール電化
素材・工法 木造
ライフスタイル 家事がしやすい 収納満載 子育て世代

この物件の事業所

当社の家は、日本の風土、裏付けされた伝統的な技法、新しい理に適った技術、周辺地域との調和、そしてお客様の想いを考え、デザインされます。やや他のハウスメーカーからすると異色に写るかもしれませんが、それが人生で一番高い買い物を当社でされるお客様に対しての正しい姿勢と信じスタッフ一同、全力で応対致しております。

もっと見る

この事業所の新築事例紹介