ブログ

5月5日は菖蒲湯で、心身のリラックスを。

近頃は風が強く吹く日も多く、鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いでいる光景がよく見かけられます。5月5日は国民の祝日『こどもの日』として定着していますが、もともとは、五節句(*)のひとつ「端午の節句」にあたります。

五節句の起源は古代中国で、邪気を祓うためにさまざまな儀式が行われていたことに由来します。5月5日の端午の節句に欠かせない“菖蒲”も邪気祓いのひとつであり、鯉のぼりの吹き流しも中国から伝わった魔除けの思想を反映したものだとか。

端午の節句が、男の子の成長を願う日として広まったのは江戸時代頃から。菖蒲を「勝負」や「尚武」と語呂合わせにすることで縁起が良いと武家が重んじる行事となり、世継ぎが生まれると武家ではのぼりを立てて兜を飾って盛大に祝うようになりました。やがてその慣習が庶民に広がり、男の子の成長と出世を願う日となったのです。

さて、邪気祓いに使われていたという “菖蒲”には、古くから家を守る大事な役目もありました。端午の節句の前夜(または端午の節句)に、菖蒲を家の軒に葺き並べることで火災除けとする習わしで、“菖蒲葺き”(しょうぶふき/あやめぶき)と呼ばれています。これは、菖蒲が水辺に生える植物であることから、火を除けることができると信じられていたからという説も。

そのほかに、現在も風習として行われているのが“菖蒲湯”。小さい頃に入浴した記憶がある方も多いのではないでしょうか。菖蒲には、血行促進や疲労回復、保湿作用がある精油成分が含まれています。ちなみに、同じ菖蒲でも、紫色のきれいな花が咲くのは“花菖蒲”。菖蒲湯に使うのは、紫の花が咲かない“葉菖蒲”ですので、お間違いなく。

香りのある葉の部分から精油成分が多く含まれる根の部分まで、10本程度を束ねて準備。浴槽が給湯式の場合は空のうちから、沸かし湯の場合は水のうちから菖蒲を入れ、43℃ほどの湯温で香りを高めてから、適温になるまで冷まして入浴するのがおすすめです。

菖蒲の葉を頭に巻くと「頭が良くなる」という謂れもあります。そんな話をしながら、小さいお子さんと一緒に菖蒲湯に漬かってみるのも楽しいですね。日々、外出や行動の自粛が続く中、菖蒲の香りと癒しの効果で、リラックスしたおうち時間をお過ごしください。

(*)五節句:1月7日の人日(じんじつ/七草の節句)、3月3日の上巳(じょうし/桃の節句)、5月5日の端午(たんご/菖蒲の節句)、7月7日の七夕(たなばた)、9月9日の重陽(ちょうよう/菊の節句)

参考文献
『和のくらし・旧暦入門』洋泉社
『暮らしのならわし十二か月』飛鳥新社

家と暮らし編集部

熊本で家を建てたい方に向けた情報を発信しています。タブロイド雑誌 は年に3回発行(1月25日、5月25日、9月25日)。本体価格500円+税で、熊本県内、福岡県南の書店・コンビニで発売中です!