ブログ

活字に溺れる9月。

活字が降ってくる、というものを可視化できたらこんな風景なのかな。

9月は熊本で谷川俊太郎展が(8月だったかも)
福岡では最果タヒ展があっていました。

詩人の美術展はどれだけだって居てられる。

「A」だと思っていたことを「B」だと言ってのける。
きれいに表現しなきゃいけないと思っていたものを
さらりと崩してくれる。
たびたび感じる名前のない感情を、さも昔からあったかのように文字化してくれる。

厳しい家に育ってテレビもろくに見せてもらえなかった幼少期に
心の支えは本とラジオだった。
知らない世界を活字に見ていた私は
一度、壮大な物語をノート5冊分ほどに書き溜めて
クラスで発表したことを覚えている。

その時は「えっへん」という気持ちだったと思う(どんな)。
でも担任の先生もクラスメイトも
「変な子」という目線を向けてきた時に
一生自分から文字なんて書くもんか!と泣きふけったっけな。
今思うと、大変しょっぱい思い出。
(でも懲りずに今度はドラマの台本を書き出した)

優秀でキャラクターの濃い兄姉に囲まれて
どうにか突出したかった子どもながらの足掻きが影響したのか
私は今文字に関わった仕事をしています。

う〜ん、感慨深い。


「味噌天ZINE」というZINEのイベントに参加し
初のZINEを制作したこともあって
本当に文字ばかりのひと月だった。

素晴らし人たちの文字の世界に浸った心で、さてわたしは何を書こう。

大塚淑子編集・カメラマン・ライター

1985年生まれ、福岡県八女市出身。熊本を拠点に編集者・フォトグラファー・ライターとして活動中。かためのプリンとコーヒー味のおやつに目が無い。