ブログ

子どもも大人も暮らしやすい「子育て世代に優しい家づくり」3つのポイント

「家づくり」を考え始めたのは、お子様の誕生がきっかけという方も多いのではないでしょうか。

今回は、子育て世代の家づくりで外せない間取りのポイントを3つご紹介していきます。

①遊びも勉強も、リビングを中心に考えましょう

特に子どもが小さいうちは、遊ぶのも勉強するのもリビング、というご家庭も多いですよね。

そのため、キッチンとリビングがつながったオープンな空間にすると、

料理をしながら子どもに目を配ることができるので安心して家事をこなせます。

家族が一緒のスペースにいることで会話もはずみ、お手伝いもしやすくなる環境になりそうですね。

そして、リビングやダイニングに学習スペースを作るのもオススメ。

特に低学年のお子さんは、一人でいるよりも安心して勉強に取り組めるのだそう。

一緒に過ごす時間が増えて、たくさんコミュニケーションができそうですね。

②使用頻度に合わせた十分な収納スペースを確保しましょう

何枚も必要な子ども服やおもちゃ。幼稚園・保育園や学校で作った工作や絵画など、

子どもがいる家庭では、モノがどんどん増えていくもの。

家づくりの段階でそこまで考慮した収納計画を立てておきたいですね。

例えば、使用頻度が高いモノ、リビングやベッドルームなど生活空間に近いところに収納を考えましょう。

玄関を広めに配置し、収納スペースを確保しておくのも便利です。

逆に、季節モノや思い出の品など、年に数回しか取り出さないようなモノは

屋根裏などのデッドスペースを利用した収納がオススメです。

③効率よい家事導線こそ、子育てしやすさの絶対条件!

家を建てる際は家事のしやすさもしっかり考えたいところ。

家事の主役ともいえる「掃除・洗濯・料理」の導線を効率よく引くことは、

子育てのしやすさに大きく関わってきます。

家事のやり方はご家庭によって違うもの。自分達なりの「家事動線」を想像してみることは、

子育てしやすい家づくりにとって押さえておきたいポイントですね。

いかがでしたか?今回は、子育て世代に優しい家づくりについて、まとめてみました。

子育て中は、家事と育児のしやすさが一番の優先事項。

家族が心地よく過ごせる家づくりをぜひ実現してくださいね。

■参考サイト

こそだておうちーの

fun’s life home

Pick UP MYHOME

家と暮らし編集部お家の情報 雑記帖

くまもとの家と暮らし編集部が、“今”のお家に関する情報を収集し、ピックアップしてご紹介します!