ブログ

梅雨においしくパンをいただくならば

木のあるくらしって、健康によさそう。

何となくですが、クリーンなイメージがありますよね。

それはイメージだけではないんです。結構すごい。ホントすごいんですよ。

そのすごさ、今回は映え感とか一切抜きで、ガチな写真で書かせて頂きます。

誰でもできる、木と食パンを使った簡単な実験をやってみました。

市販の食パン2枚と、1枚のスギ板(塗装とかしていない無垢のまま)と、きれいに洗ったタッパーを2つご用意ください。

タッパーAには、食パンだけ入れて、蓋をして常温で放置。

タッパーBには、食パンとスギ板を入れて、同じく蓋をして常温で放置。

そして1ヶ月後、2ヶ月後、時々覗いてみてください。目にモノ見せつけられるはず。

こちらは、数年前の梅雨時期に、実際に2か月かけて実験してみた結果です。

どうだ

常温!

小国杉の板入り!

歴然とした結果に、スタッフ自らが驚きました。

杉板入れておいたタッパーの食パンは、見た目は無傷、さわってもふわふわ、ほぼ最初のままなのです…!

抗菌機能や調湿機能が高いとは聞いていたけども…

小国杉、おそろしい子っ

ただし使用した食パンはスタッフで美味しくいただかずに、土に弔わせて頂きました。

お腹壊したくない。ごめんなさい。

ブレッドボックスを導入するなら、無垢の木材、よさそうです。

我が家では、市販の6枚切り食パンなどを買った時は、袋の中に小国杉の端材を入れていますが、
守ってくれている感じがして頼もしいです。

入交 律歌阿蘇小国杉のくらし 企画係

森のこと、木のことが好きすぎて、熊本の端っこ小国町に移住。SNSなどで林業母子として3歳児と共に木のあるくらしを発信中。昼は小国町森林組合というゴリゴリの山の職場にいます。

このライターの記事を
もっと見る