ブログ

客人をどうもてなすか。

といっても家に呼ぶわけではなく、
今回は県外からの客をどうアテンドするか、というお話。

昔から人をアテンドすることが多く、
来る人が決まると
この土地、あの人、あの店、と
脳内のハードディスクがウィーンと音を立ててリストアップしてくれる、ような感じだ。

春先のある日。
東京のフォトグラファーの友人が熊本に来てくれた。

会うのは2回目だけど、
味の好みは大体わかる。
絶対気に入ってくれると確信していた中華店で「日本一更新」と最高の褒め言葉をもらった。


家のそばにある工芸店では、店主の所作や雰囲気に2人してうんうんと唸り、
長旅なのに器類をたくさん購入していた。


奇しくも、わたしの地元である福岡県八女に友人がいるとのことで、
訪ねて茶畑を眺めるなどもした。


中判デジタルカメラ、初めて見た。

わたしの行きつけの手相が見れる喫茶店で、
人生のターニングポイントを互いに知ることもできた。


玉名のHIKEで、オーナーの旅の話に耳を傾けるなどもした。


夜しか営業していない&誰にも教えたくないケーキ店が
昼に空いていたので、
ほぼ貸し切りの状態にニヤニヤが止まらないまま、
美しいケーキに言葉も出なかった。

アテンドは、その人の趣向を考えならがも自分の好きを分け合う行為。
友人の目の輝きが変わった時は、万歳。
それって、それらをさらに好きになる行為でもあるし
何より愛なんだよ。なんてね。

photo by contaxt3

大塚淑子編集・カメラマン・ライター

1985年生まれ、福岡県八女市出身。熊本を拠点に編集者・フォトグラファー・ライターとして活動中。かためのプリンとコーヒー味のおやつに目が無い。

このライターの記事を
もっと見る