ブログ

半径10キロメートルで遊ぶ力

「家にいてもヒマだから商業施設に行こう」

「この町には遊ぶところないからマチ(都会)に行こう」

特に田舎町ではごくごく当たり前に聞かれる言葉なのですが、

家の中や、日々の生活の周辺で「大人が遊びきる力」が問われているように思います。

地元生まれ地元育ちのとあるお父さんが、

自然学校】に子どもを行かせたら、それがすごくよかったんだよ…!と

キラキラしながら語ってくれました。

キャンプして、川に行って、温泉の蒸気で食材を蒸して食べ、野山をかけめぐる。

雪が降ったら大人たちがかまくらを作って、雪合戦する。

子どもたちは目を輝かせて遊び、

大人も、あー疲れたなあって言いながらもまんざらでもなさそう。

生まれ育ったわが町のことって、なかなか見えにくくなるところですが

その良さや、そこで得られる体験をいくつになっても肯定できるなんて。

地元遊びができる大人のなんと格好いいことか。

と言いますか、日々を暮らす家の中こそ、重要な遊び場のひとつです。

「家にいてもつまらないなんて言わせない」

快適で、趣味のスペースがあって、走り回ってもよくって、

ちょっと隠れ家のような、遊び心ある仕掛けがあったり。

庭では四季を感じられる植生を。

そう力強く仰った、とあるハウスメーカーの次期社長さんの言葉が

子どもと暮らすようになった今、改めてじわじわと浸み込んできます。

ネット上で、行ったことのない場所のことも何でも知れるし、疑似体験もできる。

お金を出せば大体の楽しさや欲求が手に入る、この時代。

「何もない田舎」のようでいて

適度な疎の空気と、遊べる素材がたくさんある町であるということが、

都会からのお客さんには「ここは楽園か…」と言わしめるのかもしれない。

地元の素材で、地元のスポットで、新たな遊びや学びを見出し、

この町っておもしろいな!と大人が思っていたら。

その背を見て育つ子どもたちは

きっと地元を肯定できる大人になると思うし、

町の外に出ても、帰ってこれる場所があると思えて、安心して活躍できるのではないか。

木のあるくらしと、子育てと、コロナ禍の間で、そんなことをずっと考えています。

おぐに自然学校
https://manabiyanosato.or.jp/experience/natureschool/

入交 律歌阿蘇小国杉のくらし 企画係

森のこと、木のことが好きすぎて、熊本の端っこ小国町に移住。SNSなどで林業母子として3歳児と共に木のあるくらしを発信中。昼は小国町森林組合というゴリゴリの山の職場にいます。

このライターの記事を
もっと見る