ブログ

川と湯けむりと蒸しパンと

温泉の地熱という、とてもエコなエネルギーを余すことなく使っている小国の里。

大地の熱とスローなくらし | くまもとの家と暮らし (kumamoto-ie-kurashi.jp)

前回、そんな話を書いていて、ああ私もそろそろ地熱使いたい。

そんな欲求がわいてきたのでやってみました。

秋風涼しい日曜日の午後。川べりに旅館街が立ち並ぶ杖立温泉へ。

駐車場のすぐそばの足湯や、温泉街の至るところに、

フリーWi-Fiのように現れるそれは

フリー蒸し場。

誰でも使えるせいろ(と蒸気)が無人で置かれています。

蒸してみました、地熱蒸しパン。

最高です。

ふつうの、市販の蒸しパンミックスに、ちょっとジャムを埋め込んで

カップに入れて蒸しただけの一品なのですが

ふわふわのむっちむちで、すーーーーーーーごい美味しかった…!

エビや野菜、ウインナーも一緒に蒸して、川を見ながらの天然ランチとなりました。

大阪に出張した帰りに、空港で551の冷凍豚まんを買って

熊本空港から杖立温泉へ直行、

その場で蒸して食べた時の感動は、今も忘れられません。

私の上司は毎日温泉に入っているし

私の友人はしょっちゅう家の前の蒸し場でごはんを蒸しているし

発電しているツワモノな住民もたくさん。

家そのものはもちろん、周りの環境や文化もあってこその住まいですね。

今回、「木のあるくらし」はさておき

言いたかったのは

とにかく蒸したごはんが美味しいということです…

みなさん、遊びにきてください。

蒸し場のわかりやすい作法はこちら

くまモンの熊本弁の旅 #12 杖立温泉の蒸し場
https://www.kininaru-k.jp/kumamonben/200206/

入交 律歌阿蘇小国杉のくらし 企画係

森のこと、木のことが好きすぎて、熊本の端っこ小国町に移住。SNSなどで林業母子として3歳児と共に木のあるくらしを発信中。昼は小国町森林組合というゴリゴリの山の職場にいます。

このライターの記事を
もっと見る