ブログ

静かなクリスマスの支度

11月のよく晴れた日曜日。

木製のクリスマスオーナメントを作るワークショップがありました。

小国町の真ん中に、モミの木ではなく

小国杉のクリスマスツリーが突然現れたのが2016年。

Photo by Yuji Ishimatsu 2016

今年、その伝説のイベントが5年ぶりに復活するそうで。

飾るオーナメントのデザインは、

小国エリアの学校や園に通う子どもたちから

デザインを募集しようということになりました。

総数307の応募の中から21のデザインを選び出し、

小国町のファブラボの工房で

レーザーカットという技術で木材を切り出してもらいました。

自分たちが描いたデザインが、

細部まで忠実に再現されていることに驚いたり

木の質感を感じながら、色を塗って紐をつけたり

ボランティアの高校生たちがアレンジしてくれたり

保護者の方が熱中していたり。

たくさんのオーナメントが完成。

色とりどりだったり、木の色そのままだったり、みんな鮮やかです。

集まらずともそれぞれの場で木に触れながら

みんなでクリスマスに向かっていく

静かだけどわくわくしたこの感じ。

みんなに伝わっているといいなあと思います。

12/1からは、道の駅小国ゆうステーションの2階ギャラリーにて、

応募された307作品のデザイン画展示が開始。

12/20から26までは、ゆうステーション周辺に小国杉ツリーが立ち

オーナメントが飾られ、ライトアップもされます。

詳しくは公式インスタグラムをチェックしてくださいね

おぐにクリスマススギー2021

#コロナ禍でもみんなでできるイベントを

#それぞれの木育

入交 律歌阿蘇小国杉のくらし 企画係

森のこと、木のことが好きすぎて、熊本の端っこ小国町に移住。SNSなどで林業母子として3歳児と共に木のあるくらしを発信中。昼は小国町森林組合というゴリゴリの山の職場にいます。

このライターの記事を
もっと見る