ブログ

愛すべき友。

コーヒー屋の男の子
編集者の女の子
そしてわたし
3人で会う事が多かった

3人に共通することは
全員がボケということ
美味しいものが好きということ
カラオケが好きということ
写真が好きということだ。

街なかで知り合ったわたしたちは
街で飲み歩くのはもちろん
真夜中の喫茶店でネタを探したり
一緒に写真を撮りに行ったり
アジカンのライブではしゃいだり
吹雪の雪山で立ち往生したり
ハロウィンの夜に泥酔して失踪した時もあった(探したなぁ)。

3人でいる時は、腹の底からゲラゲラ笑えて
よく下品な笑いやめろと注意されていた。

私がフリーランスになってもその仲は続いていたけど、
女の子が結婚し、妊娠
男の子が退職し、引っ越し
という2大イベントが発生した今月。

ひょんなことで急に3人で集まることができた。

せっかくだからと女の子のマタニティを
近所の花屋で花を買って
路地で夕日に照らされながら
撮影した。

撮影中もガヤは止まらず
本当に撮る気あるんかってくらい喋り倒して
それでも美しい瞬間を収めた。

偶然にも同じバブアーのジャケットを羽織った二人は
ユニット感があり
記念に一枚。

私の人生に明るさをありがとう。
これからもよろしくね。

photo by contaxt3

大塚淑子編集・カメラマン・ライター

1985年生まれ、福岡県八女市出身。熊本を拠点に編集者・フォトグラファー・ライターとして活動中。かためのプリンとコーヒー味のおやつに目が無い。

このライターの記事を
もっと見る