ブログ

Life on Wood Market

イベントが少なくなったこのご時世。

ずっと阿蘇小国の森の中にこもっていて、久しく外界に降りていませんでしたが

TSUTAYA BOOKSTORE菊陽 にて開催された、Life on Wood Market。

こちらにPOP UP出店の機会を頂きました。

熊本県下のTSUTAYAでは、べジレスキューマルシェというイベントを定期的に開催されています。

規格外で値打ちがつかなかったり、例えばコロナの影響で出荷できなくなったりという

野菜や果実などの食材、お花などを

生産者さんから購入してロスにならないよう救おうというもの。

今回のWood Marketは、その木材・木製品バージョンの試み。

地域の木材、木製品が抱える課題にふれつつ、

木の良さを知ってもらおうというマーケットでした。

お伝えしたかったのは、

熊本・阿蘇の森の豊かさをはじめ、

木を使うことで新しい苗を植えられること、新しい苗が水と空気とあらゆる産業を育むこと

無駄な木はひとつもないということ

森と共に生きるということは、人が生き物であることを忘れないということ

イベントという短い時間の中で、本当に伝えたいことを伝えるというのはなかなかの技。

しかしながら、木を使うこと、森を大切にすること、循環する地域や環境を育もうという気持ちで

木を扱いたいとしてくださる企業さんが増えているのは、本当に肌感覚で感じます。

蒔いた種は本当に小さなものですが、精進です。

入交 律歌阿蘇小国杉のくらし 企画係

森のこと、木のことが好きすぎて、熊本の端っこ小国町に移住。SNSなどで林業母子として3歳児と共に木のあるくらしを発信中。昼は小国町森林組合というゴリゴリの山の職場にいます。

このライターの記事を
もっと見る