ブログ

師匠の背を追って

小国町にある、とある小さな木工房。

ベテラン職人のおじちゃんと、若い20代の弟子がいます。

師匠は、30代で木工を学び始め、

小国杉の家具やおもちゃなどを作り続け、

この町に木工の文化を根付かせてきた立役者ともいえる人。

町中に、師匠の作品がみられます。

木工というと、広葉樹と呼ばれる硬い木を使うのが、業界の「ふつう」。

その中で

小国杉の町だから、小国杉だろう。

地域の木をみんなで使わんと。

森を未来につないでいかんと。

そんな気持ちで、やわらかいとされるスギの木を使い続けてきた師匠。

20代の弟子は、特に木工が好きだという訳でなく、

職人になるためにやってきたわけでもないという、師匠のご自宅の近所に住む青年。

師匠に、ちょっとやってみいと呼ばれてやってきて、4年が経ちました。

弟子は器を作るのが得意。

師匠に言われたことは、ほぼできるようになったようです。

これから自分の色を出して、小国杉の木工をアップデートしていくであろう彼。

ローカルデザインやらソーシャルクリエイティビティというような言葉で語られるような

決して派手なお話ではないのですが、

小国杉が何十年とかけて年輪を増やしていくように、

文化というのも、こういうじわじわとした継承の積み重ねで

空気のように広がっていくんだろうな

でこぼこと並んだ2人の背中を見ていると、そんな気がしました。

よしの木工(@yoshino_oguni) • Instagram

入交 律歌阿蘇小国杉のくらし 企画係

森のこと、木のことが好きすぎて、熊本の端っこ小国町に移住。SNSなどで林業母子として3歳児と共に木のあるくらしを発信中。昼は小国町森林組合というゴリゴリの山の職場にいます。

このライターの記事を
もっと見る