ブログ

大声で泣く子ども。

あぁ、こんな顔ぐしゃぐしゃで泣いたことって、最近あったかな?

七五三撮影が立て込んだ秋と冬。
知り合いの子どもや、初めましての子ども。
一緒に遊んだり、泣かれたり、怯えられたり、なつかれたり、と
家族の数だけ写真とともにこちらも思い出をもらってる。

昔からの友人家族の子どもの七五三を撮影したある日。

赤ちゃんの時からよく会っていて
すでに親戚のようになつかれていたから安心しきっていた撮影が
思った以上に苦戦した。

いつもと違う母と父(おめかし)
いつもと違う場所(神社)
いつもと違う服と靴(着物と草履)

興奮と不安で情緒が不安定だ。

いつもなら手を繋いでくれるのに嫌がったり
ハグもしてくれない

あれれ〜と焦り
あの手この手を使いどうにか撮影終了。

あ〜どうにか終わったよ、ほっ
としたのも束の間、道路でこけて大泣きで終了

顔をぐしゃぐしゃにして
腹の底から声を出して
涙の粒がぽろんぽろんとこぼれてくる

その涙を見ながら
叱ったり心配したりする親を横目に
最初の思いがよぎった。

大人になると、わんわんと泣くことがまず無い。
悲しいことがあっても、シクシクとひっそり泣くことばかりだ。

親のイライラをよそに、その涙をじっと見つめていた。

photo by contaxt3

大塚淑子編集・カメラマン・ライター

1985年生まれ、福岡県八女市出身。熊本を拠点に編集者・フォトグラファー・ライターとして活動中。かためのプリンとコーヒー味のおやつに目が無い。

このライターの記事を
もっと見る