ブログ

今のトレンドは?

2022年のトレンドカラー。日本の流行色協会、Jafcaが選んだカラーは“ジョリーコーラル”。

出典: Jafca

世界的な色見本を出しているPANTONEが選んだトレンドカラーは“ベリーペリ”。

出典: PANTONE STORE JAPAN

どちらも、新しさや、エネルギー、心を労ってくれるかのようなカラーです。

2022春夏ファッショントレンドカラーはイエロー、ピンク、グリーン、ブルー、パープルなど言われていますが、ここ2年程のコロナ禍では、グリーンやブルー、アースカラーなど、木々や水、自然界のカラーを室内にも取り込み、癒しの空間を演出する傾向があったかなと思います。

まだまだコロナ禍真っ最中。世間の状況を考えると、トレンドカラーやスタイルを取り入れたコレクションなどのファッションが、トレンドだけ駆け足して、コロナ終息を先取りしているように感じますが、これまで癒し、癒しで来ているので、見ているだけでパワーをもらえます!春に向けて、明るいトレンドカラーをファッションやインテリア雑貨などに取り入れると、気分が上がりそうです!

出典: ELLE

キーワードにはサステナビリティ、リサイクル、アップサイクルなどがよく聞かれますが、トレンドワードにはリジェネラティブ(環境再生)という、私にはまだ耳慣れない言葉も。SDGsのサステナブルという観点が、課題でもあり、今の流行でもあるように感じます。

背景にSDGsという、長い大きな課題・流行がある中で、コロナ禍で生まれてくる自然界の色や、優しい色使いのくすみカラー、徐々に明けていくことをイメージさせる明るいカラーなど、カラーが時代背景を表していて、その変化を見て感じられるのも面白いですね。

建築業界でも、長期優良住宅にみるような、サステナブルな家づくりや、サステナブルな建材が近年注目されています。

グレーの壁面にあるのは、リサイクル内装ボード「SOLIDO」。原材料には、火力発電所で発生する石炭灰や、コーヒーショップから出るコーヒー豆かすなどの廃棄物を使用しているそうです。塗装による着色をせず、セメント素地がそのまま。お部屋のアクセントウォールに良いですね。

アパレル企業の余剰在庫や製造過程に生じる繊維屑など、廃棄予定だった衣料を、什器、家具、ボード等へ生まれかわらせた、繊維リサイクルボードの「PANECO」。元衣類というところに、温かみが感じられます。

低コストで意匠性に優れた天然石材調建材の「T-razzo」。希少となりつつある天然石などを使用する代わりに、天然石の素材に似た建材として擬石などが使用されており、CO2の排出量を大幅削減可能とのこと。屋外階段などにも取り入れられています。

カラーからサステナブルまで。まだ住宅に取り入れられるのは少ないかもしれませんが、これからは、商品に意味や裏付けのあるものを取り入れて、自分なりに、好きな空間、心地よい住まいにアップデートできれば良いですね!

出典: Starbucks                                        より環境に配慮した皇居外苑和田倉噴水公園店。サステナビリティを体験しに行きたいものです!

yukkoインテリアコーディネーター/パーソナルスタイリスト/la estrellaバイヤー

アパレル・インテリア・建築業界を経て、現在娘の育児を中心にマイペースに活動中。旅・音楽・shop巡りが好きなわさもん母。

このライターの記事を
もっと見る