ブログ

東洋から海の向こうへ

世界三大インテリア見本市の一つ、Maison&Objet

インテリア業界のパリコレとも呼ばれ、世界中の業界関係者、バイヤーが集い、

家具や雑貨等のトレンドが発信される見本市です。

2022年3月の同展示会にて、日本でデザインされ作られたブランドの一つとして、

熊本から小国杉エッセンシャルオイルの出展が決定しました。

森が香る、ひとしずく | くまもとの家と暮らし (kumamoto-ie-kurashi.jp)

家の材料をとるため、暮らしの道具をつくるため、山に出向いて木を採取してきた人類。

日本では伐る前に、お塩とお酒を祀って、山の神様に祈りを捧げてから伐らせてもらう姿が見られます。

それって、世界中どこでもやることではないんだとか。

とある知見の広い方から教えてもらったのですが

ヨーロッパでは、山は悪魔が棲んでいる場所なんだそうで。

おとぎ話なんかでも、森の中によく魔女がいたり、悪さをするものがいますよね。

だから、山を登った時に「制覇」という。抑え込む相手なのです。

対して日本では、山には古来より神様がいると信じられていて。

あの世とこの世の境界とされる特別な場所でもあって。

そうして、山を聖地として怖れ敬い、大切に守り、時には修業に行く。

東洋の島国・日本から、250年守り続けた森の精油を

日本人の思想や文化を育んできた象徴として、

森の過去と未来をつなぐギフトとして、海の向こうへ届けます。

どんな風に受け止ってもらえるのか。楽しみです。

Maison&Objet
January 20-24, 2022 → March 24-28, 2022に延期
HALL 1 (SMART GIFT)
B68-C67 ABing+
Paris Nord Villepinte Exhibition Centre

Maison&Objet 公式サイト

入交 律歌阿蘇小国杉のくらし 企画係

森のこと、木のことが好きすぎて、熊本の端っこ小国町に移住。SNSなどで林業母子として3歳児と共に木のあるくらしを発信中。昼は小国町森林組合というゴリゴリの山の職場にいます。

このライターの記事を
もっと見る