新築実例

純和風なのにモダン。 絶妙な匙加減が くつろぎの毎日を生む。

建築関係の知り合いが多いご主人。 友人に任せれば多少のわがままも かたちにしてくれる利点があるが、 選んだのは「技術の新規建設」だった。
  • 純和風建築を生かすため、窓にはカーテンではなく障子が備えられている。特にリビングは大窓を隠すことなく障子を収納できるような工夫も光り、朝晩の開閉はご主人が張り切って担当しているそう

  • 匠の技が細部にまで息づく和室は清々しい空気が流れ、長旅で疲れたゲストを優しくもてなしてくれる。 日本建築の良さを生かし、和室には濡れ縁を備え、光と風をふんだんに取り込める工夫もステキだ

  • 造りつけの家具や天井にも木をふんだんに使用

  • 玄関の丸窓は高い技術力の表れ。Kさま邸のシンボル的な存在に

  • 奥さまお気に入りのアイランドキッチン。後方はゆったりとしたパントリー

  • ガレージで愛車の手入れをするご主人。他に愛犬4匹のための「離れ」もあり、豊かな暮らしを形成している

  • 木の温もりとダークなアクセントカラーを中和する上品な外壁の色が目を引く。石垣を模した外構は、モルタル造形職人の友人が手がけたそう

離れの和室、ガレージ、
大解放のLDK。
人が集い 笑顔がうまれる仕掛け満載

元々、車で約10分の場所に建つ和テイストの家に住んでいたK夫妻。8年前、細部にまでこだわって友人に一軒家を建ててもらったものの、「住んでみると『やっぱり純和風の家が落ち着く……』と痛感しまして(笑)。新たに新築することを決意しました」とご主人。知識に裏打ちされた日本伝統技術を持つハウスメーカーを探し求め、宮大工にルーツを持つ[新規建設]に白羽の矢が立ったそう。

バイク・車・マリンスポーツと多趣味なご主人の自慢は、庭に建つ離れのガレージ。約50年前のクラシックカーをはじめ、さまざまな車種が並び、時間ができると自らメンテナンスを行うそう。週末になると仲間が集まり、ツーリングや海遊びへ。その間、奥さまたちはK邸に残り、会話に花を咲かせながら夕食の準備をするのが楽しみ。リビング一面に張り巡らされた大解放の窓の外がオレンジ色に色づく頃には、男性陣も合流し宴会がスタートする。この時、「みんながゆったり過ごせるように」との思いから、LDKは約30帖の広々とした空間に仕立て、さらに窓の外は全面タイル張りのテラスにつながる造りにしたそうだ。

また、玄関の引き戸を開くと左手はダイニングやご夫妻の寝室、右手は和・洋のゲストルームを配置し、プライベート空間とおもてなし空間を隔離するアイデアが光る。「東京に住む姉夫婦が年に2回は長期宿泊するんですが、これならお互い気を遣わず迎えられます」と奥さまもニッコリ。廊下やリビングの床には、温かみのある色味と緻密な肌目が特徴的な桜の無垢材を使用した点もこだわりの一つ。くつろぎの空間演出とともに、今後何十年もかけて二人の色に馴染んでいく、経年変化という楽しみができた。

物件概要

ハウスメーカー新規建設株式会社
予算
間取り3LDK +ガレージ&ペットハウス
階数 平屋
素材・工法 木造
ライフスタイル 家事がしやすい 収納満載 ペットと暮らす

この物件の事業所

どんなご相談でも親身になってお受けします。 新規建設は、創業以来「一品製作」にこだわり完全注文住宅を造って参りました。お客様の要望を真摯に受け止め、それにお応えするため、何度も打合せを重ね、末永く愛される家屋をご提供させて頂いております。おかげさまで、2024年9月に設立50周年を迎えます。是非とも一軒一軒まごころの「一品製作」にこだわった新規建設の家屋をご覧ください。

もっと見る

この事業所の新築事例紹介


LOADING