ブログ

木からはじめる、子どものそだち  その1

昨年から、おうち遊びが増えたご家庭、多いですよね。

あなたの周りにいる子どもさんは、何のおもちゃが好きですか?

木のおもちゃって、持っていますか?

それがどこからきた木なのか、なんて考えたことはありますか?

10年ほど前より国内各地で起きている、「ウッドスタート」というムーブメントがあります。

「木」を中心に置いた子育て環境をつくり、子どもをはじめとする全ての人たちが、

木のぬくもりを感じながら、楽しく豊かに暮らしを送ることができるようにする取り組み

- 認定NPO法人 芸術と遊び創造協会WEBサイトより

このような趣旨に賛同し、全国の企業や自治体が「ウッドスタート宣言」をしています。

ウッドスタートの拠点 東京おもちゃ美術館

熊本県第1号の宣言都市は実は小国町。2013年に宣言しています。

この7年、町で生まれた1歳の子どもには、町から小国杉のおもちゃがプレゼントされ続けています。

小国杉のファーストトイ第1号

みなさんに身近な企業でいうと、無印良品を展開している(株)良品計画なども。

店内の内装に多く木が使われていたり、木で遊べるエリアがあるのを見た方も多いのでは。

言われてみると近頃は、木のぬくもりを感じる店舗や遊び場が増えてきている気がしませんか?

イオンモール熊本にあるトモイク広場

おなじみ、イオンモール熊本にも、子どもたちが遊べる屋内遊具の広場があります。

赤ちゃんのおむつ替えや授乳スペース、

フードコートやトイレなどにも熊本の木・小国杉が使われています。

イオンモール熊本内トモイクの森

イオンモール2階フードコート

森への入り口、木にふれる場、ウッドスタートできる場所。

街の中にもどんどん増えていますので、身の回りでぜひ見つけてみてください。

次回は、「ウッドスタート」すると起こるいいことについてお話します。

東京おもちゃ美術館内 小国杉の森

ウッドスタート –  認定NPO法人 芸術と遊び創造協会

https://www.mokuikulabo.com/woodstart

入交 律歌阿蘇小国杉のくらし 企画係

森のこと、木のことが好きすぎて、熊本の端っこ小国町に移住。SNSなどで林業母子として3歳児と共に木のあるくらしを発信中。昼は小国町森林組合というゴリゴリの山の職場にいます。