ブログ

これからの住宅選びに“リノベーション”という選択肢もアリ?

リノベーションという言葉が一般的になり、住宅選びの選択肢の一つになってきている今。とは言っても具体的に考えたことがないので、自分達に合うか分からない…。

そんな方たちに向けて、今回は「中古住宅をリノベーションする」について、メリットデメリットから考えていきたいと思います。

中古住宅をリノベーションするメリット

①コストを抑えることができる

中古住宅を購入し、自分達に合った家に生まれ変わらせるのが「中古住宅リノベーション」。不動産の価値は新築時から時間が経つにつれどんどん下がっていく為、(物件次第ですが)新築より中古の方が、リノベーション費用を考えてもお得になる場合が多いのです。また、建物の構造や使える部分を活かして作っていくので、ゼロから作るよりもコストダウンが可能です。

②エリアの選択肢が広がる

「熊本市内や人気のエリアだと、土地探しが難しくて選択肢が限られる」なんて声もよく聞こえてきます。中古住宅リノベーションの場合なら、人気のエリアでも予算を抑えて条件に合った物件を探すことも可能です。

③完成後の生活がイメージしやすい

周辺状況も含め、既に建っている家をリノベーションするので、環境がつかみやすいのがメリット。近隣の道路や家との距離感、日当たりなどが予め分かっているので、より具体的に家づくりを進めることができます。

デメリットってどんなこと?

①見えない部分の劣化

物件購入後に配管などの部分に劣化による問題が発生して当初考えていた予算よりかなりオーバーしてしまう…といったことも起こり得るのが中古リノベーション。物件を買う前に、リノベーションの専門家に相談することで防ぐことができます。

築年数が古く老朽化が進んでいるため住居として問題がある場合は、骨組みだけ残して作り直す「フルリノベーション(スケルトンリノベーション)」という方法もオススメなのだとか。

②ローンの金利が高くなる場合も?

一般的にリフォームローンは、審査が通りやすい反面、新築の場合に比べ金利が高くなるのがネックです。ただし、条件を満たしていれば中古住宅のリノベーションに対してお得なローンが登場しているので、こちらも検討してみてはいかがでしょうか。

参考【フラット35】リノベ について

③間取りに制限がかかることもある

自由度が高いとは言えども、建物の構造上の制限はあります。壁や柱を減らすことができない場合などは、希望の間取りを作れないこともあります。そんな事態を防ぐためには、物件を決める前に、どんなリノベーションがしたいか・可能なのかを確認し、専門家に相談しておくと良いですね。

今回はリノベーション住宅についてまとめてきました。「時間がかかっても、家づくりをしっかり自分達で考えたい」「コストを抑えて理想の家づくりを実現させたい」という方々には合っているかもしれません。ライフスタイルや長期的にどう暮らしたいか。「リノベという方法もある」と考えると、暮らし方の可能性が広がりますよね。

たくさんの選択肢の中から、自分たちの暮らしに合った「家づくり」の方法を見つけてくださいね!

<参考>

住まいのリフォーム

ニフティ不動産

ホームズ

SUUMO【住まいのお役立ち記事】

家と暮らし編集部お家の情報 雑記帖

くまもとの家と暮らし編集部が、“今”のお家に関する情報を収集し、ピックアップしてご紹介します!

このライターの記事を
もっと見る