ブログ

森とつながるマーケット

良く晴れた11月5日。

熊本の中でも知られた林業地、阿蘇小国郷。

1年の中で最大の、木材のマーケットが開催されました。

魚市場や、青果市場などの食材がたくさん並ぶマーケットは、何かで映像を見たことがあるかもしれません。

木材もこんな風に、ずらりと並べられて、1本1本の買い手を決めていくのです。

丸太は食材よりも大きいので、その様子は圧巻!

1年で最大のマーケット、小国郷優良材市には

樹齢数十年の一般的なサイズの木材だけでなく、

年輪が見える断面が人の身長よりも大きい、樹齢100年・200年クラスの大樹も集まります。

競り子と呼ばれる、森林組合の職員が木の上に立ち、

いい木だよ!色もきれいでまっすぐだよ!さあいくら!と声をかけ、

買い手である木材工場の方々や職人さんたちが、自分の番号書かれた紙札に金額を書き、手渡します。

それらを全て集めて、その中から最高値の方が落札となる、「入札」というクローズド方式。

ネットオークションに入札して結果を待つみたいな気持ちですね。

みなさんが木の家を建てられる時にやってくる木材も、

こうしてどこかの森から生まれて、

どこかのマーケットで1本1本、目利きの職人たちが買い付けて、

板や柱の形となって、運ばれていくのです。

家を作り上げる板も柱も、感情のない無機質なモノではなく、

一つ一つが、大切に選ばれたものたちです。

金額の数字を見るだけでなく、いいなあと思えるものを、あなたの家に迎えてもらえれば。

そうすればマーケットに集う職人たちも頑張れます。

森を育てて切りだす私たちも、頑張れます。

木をたくさん使って、新しい苗を植えることができます。

やがてはその苗が、熊本の水や空気を生み出します。

すべてはあなたと、次世代へ還っていく

家づくりは、私たちが暮らす環境を守ることのスタートなのです。

入交 律歌阿蘇小国杉のくらし 企画係

森のこと、木のことが好きすぎて、熊本の端っこ小国町に移住。SNSなどで林業母子として3歳児と共に木のあるくらしを発信中。昼は小国町森林組合というゴリゴリの山の職場にいます。

このライターの記事を
もっと見る