ブログ

明日の支度

目の前のことしか基本見えていないのだろう。
明日のことは明日、という感覚は小さな頃からそうだ。
「翌日の準備をしておきなさいね」と小さな頃、何度言われようと、うんうんと頷くばかりで翌朝慌てる悪い癖はついに治らなかった(治す気もなかった)のだが、最近大袈裟だけれど、「あれ、私生まれ変わっちゃったみたい」と思うほどにその癖が緩和した気がする。とは言っても、とても限定的で、友人が来る前夜、に関してのみなのだが。

今年の12月は友人たちと自宅でちょくちょく食卓を囲んだ。
前の日の夜にテーブルを拭き、お皿、グラス、カトラリーを並べる。
キャンドルの用意をして、冷蔵庫をあけて、献立をイメージして書き出す。
明日を迎えにいくような作業。

準備の時間もわくわく。


皆が帰った翌朝、お皿を乾かしている様子も好き。


別に小さい頃学校が嫌いだった訳ではない(多分どちらかというと好きだった)のだけれど、年々明日が愉しみになる。大人になるって本当に良い。

今日は12月31日。
昨日の夜から毎年恒例のおせち作りに取りかかった。年をまたぎながら行う盛大な明日への支度をしながら、また明日がやってくるのを今この瞬間も心待ちにしている。

年末最後の行事“餅つき”も無事に終了。来年も皆で良い年になりますように。

平山千晶

料理家・細川亜衣の主宰するtaishojiに勤務。 街中から車で15分ほどとは思えない静かで自然豊かな場所にあるtaishojiでの日々は発見の連続。

このライターの記事を
もっと見る