ブログ

70歳になりました

私が所属する「小国町森林組合」が、70歳になりました。

1951年12月27日が設立記念日です。

そもそも。森林組合って何者なのか。

街でふつうに暮らしている分には、まず出会うことはない組織ですね。

でも、実はくらしや企業活動の下支えを担う、壮大なミッションを背負った組織なのです。

「農協」は、みなさんちょっと耳なじみがあるかもしれません。

お野菜などを作っている農家さんなどが集まって作る組合で、農家さんのお仕事や生活をより良くするために活動している組織。

その林業版が森林組合で、山主さんが集まって作られた組合です。

山主さんと一緒に、これから5年、10年という森づくりを考え、木材を売り、新しい苗を植えていきます。

一般企業風に言いますと

「クライアント(山主)の要望に応じて財産管理と経営プランを提案(木の管理や伐採、販売)したり、

そこで得た手数料で、別事業部では自社製品(木材)を企画開発(製材加工)し、販促PRしたり、

生産性を上げてクライアントに還元するにはどうしたらいいか(PDCA)をみんなで考え実行する」

こう書くとちょっと伝わるでしょうか。

そして、みなさんが建てられる家づくりの材料「木材」を、生産供給している組織です。

違いは、通常の企業活動よりも、公的な性格がかなり強いということ。

行っている事業のすべてが、

水と空気と豊かな土壌を生み出せる環境を維持し、

災害に負けない山を作り、人のくらしや国土を守ることにつながる。

クライアントのためであると同時に、壮大な、社会的責任を背負っています。

小国に植えられている小国杉は、樹齢70年にもなると立派な一人前。伐り頃の木です。

組織というのは、やっと一人前なのかもしれないし、まだまだともいえる。

次の50年、100年に、熊本の水と空気と土が健やかであるように、新年も頑張ります。

今年もよろしくお願いします。

森林組合の仕事の一部はこちら

ズバ抜けた発想力&行動力に惹かれる若手Forester増加中!|マイナビ農業 (mynavi.jp)

若者の就職先として ”林業” を選択肢に | in.LIVE(インライブ) (asteria.com)

入交 律歌阿蘇小国杉のくらし 企画係

森のこと、木のことが好きすぎて、熊本の端っこ小国町に移住。SNSなどで林業母子として3歳児と共に木のあるくらしを発信中。昼は小国町森林組合というゴリゴリの山の職場にいます。

このライターの記事を
もっと見る