ブログ

リビングボードDIYの話

こんにちは、イチノヘです!

1月16日にわが家で薪ストーブ体感会が開催されました。

薪ストーブや薪割り体験はいかがでしたでしょうか?

楽しく過ごしていただけたら、そして家づくりの参考になれば幸いです。

いつも薪ストーブを体感している猫たち。

・・・デッキ君はすぐへそ天になります。

もういい大人で(子猫はよくへそ天します)、3匹のうち一番ノラ歴が長かったのに、どういうことでしょうか。

野生はどこへ。

さて、今冬はDIYを色々頑張ったのですが、その一環で、リビングボードを作りました。

家の完成当初から、いずれは何とかする予定でしたが、7年越しでやっと実現しました。

今回はその様子についてお話ししようと思います。

ダイニングテーブル散らかりがち問題

昔に比べたらデジタル化のおかげでだいぶ少なくなったと思いますが、それでもちょこちょこやってくる郵便物。

大事なものもそうでないものも、ついリビングに入ってすぐのダイニングテーブルにぽいっと置いて、放置しがちでした。

途中からテーブルの横にスピーカーを置くようになり、その上に細々したものを置くようになったりしたのですが、スピーカーやアンプ自体の配線も結構あって、ホコリも溜まるし、すっきりさせたいと常々考えてはいました。

ひどくごちゃごちゃでもないけれど、イマイチすっきり片付かないという長年の懸案を、収納を作って解決しようと思います。

リビングボード制作

計画をまとめて、早速作っていきます。

基本的に材料はDIYの心強い味方、ハンズマンで購入or家のすぐそばのナフコで購入しました。

今回は塗装で仕上げる予定のため、木目がきれいないい板を買う必要はなく、ただしスピーカーの重さ(20kg×2個)+本体重量に耐えられる丈夫な合板(安い)を使って作ります。

ちなみにDIYで何か作ろうとかいう場合、夫が計画・設計・施工をして、私はせいぜいお手伝い程度です。

手書きですが図面を描いて、寸法などをまとめます。

本体部分。配線用の穴を開けたり、扉をつけたり。

両サイドの横に出ている部分にスピーカーが乗ります。

引き戸の取っ手を付け、スピーカーの色に合わせてブルーグレイと黒に塗って完成です。

スピーカーと高さがぴったり合うように作るのが難しかったと夫が申しております。

写真では分かりづらいですが、足元を高めに上げてあるのでお掃除がしやすく、かつ使いやすい高さになっています。

猫たちもちょうどいい通り道と言わんばかりに、ここを通ってキッチンに突撃してきます・・・

これでテーブルの上もすっきり片付きました。

あとは仕分けをして片付ける習慣を維持することと、しまい忘れをしないことを頑張るのみです。

カヤック体験

話は変わりますが、先日江津湖でカヤック体験をしました。

早朝暗いうちに江津湖に漕ぎ出し、湖を回って日の出を見るというコースです。

熊本市動植物園のそばに乗り場があり、普段は大学や高校のボート部の練習などでにぎわうそうですが、この日はお休みのようでとても静かでした。

部活の練習中はいけない競技コースの方も回ることができ、そのエリアにしかいない希少な野鳥のクロツラヘラサギを見ることができました。

カヤックは初めて乗りましたが、そんなに不安定ということもなく、いい運動になりました。

水鳥がたくさん泳いでいて、それもとても可愛らしかったです。

本当は冬の寒い時期に、湖に靄が立ち込めるところ+日の出を見るという会なのですが、この日は暖かくて靄は出ませんでした。

氷点下とか、もっと冷え込まないと見られないらしく、そのうち再挑戦したいです。

普段も阿蘇の自然には親しんでいますが、水辺はまた違う趣で、水面から見る江津湖は新鮮でした。

いつか絶景の湖がたくさんある北海道でカヤックに乗ったりとか、ぜひしてみたいものです。

コロナ早く終われ!!

それではまた次回、よろしくお願いいたします!

HOMEPARTY|ホームパーティアネシスグループ

愛着のあるすまいづくり / 時を重ねるにつれ味わいが増し、愛着が深まる空間づくりを大切に、素材や質感にこだわったミニマルデザインのすまいをご提案しています。 モデルハウスは南区KAB住宅展示場、東区新外に展示中。 施主様の想いが詰まった実例の見学会も不定期で開催。 このブログでは、おもにホームパーティの家での暮らしをお届けします。

このライターの記事を
もっと見る