新築実例

燦々と降りそそぐ光と木のぬくもりが迎えてくれる平屋。

「子ども達が暮らしやすい家に」というご夫妻の思いが形になった住まい。心地いい光が家族を照らし続ける。
  • 中庭に面した窓は、出入り口を最小限にしてFIX窓を大きくとったことで、開放感と採光が抜群。キッチンに居ながらも、中庭越しに玄関まで見通すことができるのも安心だ

  • ロフトからのぞく明るいLDK空間。どこに居ても家族の気配を感じる家の中は、いつも笑顔があふれる

  • ダークな色合いのダイニングキッチンが空間にメリハリをつける

  • 和室を小上がりにしたことで、畳下に収納スペースを確保。和室の上には広々としたロフトがある

  • 周囲の視線を気にすることなく遊べる中庭。「涼しくなったらBBQをしたい」と、楽しみな予定がいっぱい!

  • 印象的な和室の障子は、[宮﨑建築]の造作。和室は現在、子どもたちのプレイルームになっている

  • 共働きのため、夜に洗濯物を干すことが多い奥さまの希望で南側に設置されたサンルーム

  • 雨の日でも濡れずに家に入れるよう、玄関まで覆う駐車場の屋根も同社の施工。丈夫な作りと木の柱の風合いが安心感を与える

まるで毎日が運動会!
“ロの字型”の平屋に響く
子ども達の愉快な足

一見すると普通の平屋であるMさん邸。扉を開けた瞬間にまず驚いたのが、屋外と変わらない明るい空間が広がっていたことだ。それもそのはず、中庭を囲む大きな窓ガラスからは、家のそこかしこに外光が注がれていた。「中庭がある平屋がよくて、最初はコの字型の平屋を考えていたんです。でも結局カーテンを閉めないといけない。カーテンなしで昼間でも明るい家がいいなって」と、Mさんご夫妻。

その話を聞き、[宮﨑建築]が提案したのがプライバシーを守った“ロの字型”の平屋。想像以上のプランに、ご夫妻も賛同。さらに、同社が得意とする自然素材を使った家づくりにも魅かれたという。本物のブラックチェリーを使った床は、裸足で駆け回る子どもたちの足を優しく支える。キッチン上の天井や食器棚、パントリーの扉など、要所に配された木々が、光あふれる室内空間をより落ち着いた雰囲気に仕上げていた。

間仕切る壁がない家の中は、子どもたちにとってはすべてが遊び場。ご家族が住み始めた今年5月は、思うように外出ができなかった時期。それでも“外”を感じる開放的なこの家では、子ども達はストレスフリーで楽しく過ごしていたそう。また、家事動線やサンルームの設置、食洗機導入など、家事のしやすさにもこだわった結果、忙しい平日でも「家族でゆっくり過ごせる時間が、以前より増えましたね」と笑顔の奥さま。  明るかった空がだんだんとほの暗くなっていく。自然の光の明暗を感じながら過ごすというこの上ない贅沢な住空間が、家族にとって豊かな時間を育んでいる。

物件概要

ハウスメーカー 宮﨑建築
予算 3,000万円
間取り 4LDK+ロフト
階数 平屋
性能 耐震 省エネ
素材・工法 木造
ライフスタイル 家事がしやすい 子育て世代

この物件の事業所

宮﨑建築は無垢材にこだわった注文住宅や店舗の設計・施工を行っている熊本県八代市の住宅会社です。 ひとりひとりの価値観や住まい方は、それぞれです。 お話をしながら、ご提案をします。 木漏れ日の中、風がスッっとぬけてゆく……。 やわらかな時間が流れていくような空間づくりを目指しています。

もっと見る

この事業所の新築事例紹介