ブログ

【IE・KURA COLUMN】キッチンと3人の夫たち

「日本酒の会」なるさけずきの集いを結成し、もう4年になる。メ6。各た「」日、いそれに合う手料理とともに酔い時間を過ごそうというゆるい会

、料3。洋、キ、うがわかれているのはラッキーだった。妻たちは新調した酒器を、赤、次たすら舌鼓をうつ。

私はご馳走が並ぶダイニングでだしの香るおでんをホフホフとほおばり、キッチンから離れない夫たちを、吉の『』の、あ。「

  

この原稿を書いていると『キッチン』を再読したくなった。ちなみに冬の会は、福島の“燗誂(かんあつらえ)”、福岡の“フェリーチェ”、熊本の“花雪”などのラインアップで望む予定。


執筆者・福永 あずさ Azusa Fukunaga
熊本市在住のフリー編集者、ライター。カメラマンの夫と茶トラの愛猫(♂)の2人と1匹暮らし。日本の酒場をめぐるひとり旅がライフワーク。今年挑戦したいものはタップダンス。

*『くまもとの家と暮らし』01(2020年1月25日発行)の記事より再掲載しました。

家と暮らし編集部

熊本で家を建てたい方に向けた情報を発信しています。タブロイド雑誌 は年に3回発行(1月25日、5月25日、9月25日)。本体価格500円+税で、熊本県内、福岡県南の書店・コンビニで発売中です!

このライターの記事を
もっと見る