ブログ

【IE・KURA COLUMN】手軽にハーブのある生活。

幼い頃、蚊に刺されたり、火傷したり、何かにかぶれたら、庭先にあるアロエを塗らされた経験がありませんか?

今思えば、これぞ元祖ジャパニーズハーブのある暮らし。今では猫の額ほどの小さな庭にいろんなハーブや植物を植えている。家を建てたら植栽を楽しみにしていた私にとっては玄関までの通路脇のスペースでさえ貴重なお庭なのだ。

が、植えたら最後、完全放置状態になってしまい…(それを見据えて強いものを選んで植えたのかも笑)。しかし有難いことに植物はちゃんと育ってくれてハーブのある暮らしを頑張りすぎない位のペースで楽しめています。植える時期は春と秋の年2回。種類が多く出回ります。朝晩過ごしやすくなるこの季節にハーブのある暮らし始めてみませんか?

ミントはカク水と一緒に凍らせてミント氷に。沸騰したお湯に入れるだけでお口爽やかミントティーの完成。

ローリエやローズマリーは切った枝を束ねてスワッグのように台所に飾っておけば料理にさっと使えて便利。

執筆者・島田 Shinobu Shimada
フローリストかずや勤務。お花のワークショップを定期的に開催。詳しくはインスタグラムをチェック。

*『くまもとの家と暮らし』032020925日発行)の記事より再掲載しました。

家と暮らし編集部

熊本で家を建てたい方に向けた情報を発信しています。タブロイド雑誌 は年に3回発行(1月25日、5月25日、9月25日)。本体価格500円+税で、熊本県内、福岡県南の書店・コンビニで発売中です!

このライターの記事を
もっと見る