ブログ

【IE・KURA COLUMN】家で見つける光

実家へ帰ると、小さい頃には分からなかったあれこれが目に入る。それは、丁寧に額装された絵だったり、毎日手入れされている花々だったり。

その中でも一番感動的だったのは、家に入ってくる光だった。暗くて古くて昭和でお洒落な様子が微塵もないと感じていた台所には、食べものが輝いて見える時間帯があり、湯気が上がる様が天国のようだった。まるで光の道のように照らされた廊下は、ミシミシと音を鳴らす古ささえも愛しさを感じた。

冷たく古臭い日本家屋だと思っていたのになぁ。見た目に明るい家だけが明るいんじゃないんだと私は知った。いつでも帰ってきたい場所が、光で包まれていて、よかった。

に「彿」とチン。レンガ壁のL字型で、ここで作る母の料理がいつも美味しい。好物は筑前煮と卵焼き。


執筆者・大塚 淑子 Otsuka Yoshiko
1985。「」「めた後、2019年夏よりフリーの編集者・フォトグラファー・ライターとして活動中。

*『くまもとの家と暮らし』01(2020年1月25日発行)の記事より再掲載しました。

家と暮らし編集部

熊本で家を建てたい方に向けた情報を発信しています。タブロイド雑誌 は年に3回発行(1月25日、5月25日、9月25日)。本体価格500円+税で、熊本県内、福岡県南の書店・コンビニで発売中です!