ブログ

理想の家をかたちにする“パートナー選び”を3つの選択肢から考える

1年くらいの期間を一緒に伴奏してくれる「パートナー選び」つまり住宅施工会社選びも、
家づくりの成功には重要なポイント。

しかし、ひとくちに住宅施工会社といってもその形態や規模はさまざまです。

大きく分けると3つの種類に分かれているので、それぞれの特徴を知って、
自分たちに合うパートナー探しに役立ててくださいね。

一般的な家づくりにおける、施工会社の形態

①ハウスメーカー

日本全国に拠点があり、先進の技術、安定した品質管理を提供しています。
総合住宅展示場や独自の展示場等でモデルハウスを公開しているところも多いです。
間取り設計が自由な「自由設計」と、用意されたパターンから選ぶ、
比較的低コストだけど自由度は低めな「規格型」の2種類があります。

②工務店

施行エリアが県内もしくは近隣の県までなど、地元密着型の会社。
地域の土地探しが得意な会社もあるので色々な相談もしやすそう。
自由設計が基本で設計・施工からアフターサービスまで一貫して行いますが、
技術やデザイン力などは会社によってさまざまです。

③建築設計事務所

建築士や建築家が、ゼロから細かな希望を聞き取り、他にはない個性的な家づくりを可能にします。
そのため設計には多くの時間をかけるので、他の形態よりも時間がかかることが多いようです。
また「設計事務所」の場合だと、設計から施工管理までを請け負い、
施工は工務店等業者が行うこともあります。

と、このように大きく分けると3つ。
そして、それぞれの中でも各社様々な強みや得意分野があります。

予算を最優先させる? デザインなどの理想を追求したい? もしくは融通が効く柔軟さが一番?
といった要望も判断基準のひとつに。

そして、家は建てて終わりではありません。これから快適に長く住み続けていくには、
品質管理や保証、アフターメンテナンスなどの部分も要チェックです。

会社のイメージや規模だけで選ぶのではなく、自分たちが家づくりで大切にしたい方向性を決めた上で
パートナー選びをしていきたいですね。

今回は家づくりの施工会社の形態を3つに分けてご紹介しました。
理想の家づくりを目指すために、まずは良いパートナー選びを成功させてください!

※本記事は『くまもとの家と暮らし』の掲載記事より抜粋、加筆し転載しています。

家と暮らし編集部お家の情報 雑記帖

くまもとの家と暮らし編集部が、“今”のお家に関する情報を収集し、ピックアップしてご紹介します!

このライターの記事を
もっと見る