ブログ

被災ローン減免制度 コロナ版

最近、新聞・雑誌の記事を見ていると、コロナで収入が大幅に減り住宅ローンが返せない方が増えていると感じます。

熊本地震で多くの被災者を救った「被災ローン減免制度」の「コロナ版」があるという事はご存じでしょうか?

この制度は本来、地震などの天災や、昨年人吉で多くの被害を受けた洪水等の自然災害で住宅ローン等、ローンの支払いが困難な方に債務を減免してくれる制度でしたが、コロナの影響でローンの支払いが困難な方でも良いとの事です。

●対象者は
新型コロナの影響で失業・収入が減少してローンの返済が困難な個人(個人事業主もOK)

●減らせる債務

①令和2年2月1日以前の全ての債務
(住宅ローン・事業者ローン・学資ローン・自動車ローン等々)

②令和2年2月1日までに借りた住宅ローンや事業ローン
令和2年10月30日までに新型コロナのために借りたお金が対象になります。

●メリット

1.一定の財産を残して債務をカット

2.ブラックリストに載らない

3.手続の支援は弁護士等が無償で

では、まず何をすればいい?

①一番借金の多い金融機関(銀行等)に行く

②この制度を使いたいと言って【同意書】をもらう

③それを地元の【弁護士会】に持っていく

【新型コロナウイルス感染症に適用する場合の特則について】こちらをクリックください。

熊本地震や今回の人吉豪雨災害で多くの方にこの制度を知ってもらい活用いただいております。
今回のコロナ影響での制度利用は多くの方を助けてくれる制度です。

「無知はコスト」正しく情報を正しく理解し実行しないと損する時代です。

是非、周りで住宅ローン等ローンに苦しんでいる方に情報提供してください。

万江 英彰ファイナンシャルプランナー

球磨郡あさぎり町生まれ。住宅購入で失敗した自身の経験から、住宅に特化したFP相談室「おうちの買い方相談室」を設立。熊本にて20社を超える工務店・不動産業者・住宅展示場と提携し、住宅購入希望者向けの資金計画、住宅ローン選択のサポートを行う。これまでの相談件数は1,000件以上。 2019年度MDRT成績資格会員、TKU専属ファイナンシャルプランナー、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、相続相談士、住宅ローンアドバイザーなど資格多数。

このライターの記事を
もっと見る