ブログ

人と目が合うように

最近、ゆらいでますか?

気持ちが惑うというような意味ではなく。

例えば、川のせせらぎの音や、木漏れ日のゆらめき、たき火の炎、波の音。

そういうものを感じていますか?

私たちのいる地球や宇宙には、「ゆらぎ」というものが存在しているのだそうで。

先に挙げたような、自然界から得られる心地よい音や視覚的なものの他に、

赤ちゃんが聴いているお母さんの心臓の音や

人の心地よい歌声(宇多田ヒカルさんの歌声など顕著なんだとか)など

そういったものから自然と発生している、規則性と不規則性が絶妙に合わさったリズムのようなもの、

それが「f分の1ゆらぎ」と呼ばれるものだそうです。

どれも本能的に心地よく、リラックスできるものですよね。

「f分の1ゆらぎ」はヒトにとって心地よい空間や情報を与えてくれるものと言われ、

その中に、木の「木目」も含まれています。

まっすぐだったり、ゆらゆらしてたり、ぎゅっと細かに並んでいたり、ばらばらの太さだったり

ひとつひとつ違うそのリズムが、ほっとさせてくれるのだとか。

ちなみに。

人の目って、本物の木目と、人が作り出した木目を、はっきりと見分けることができるのだそうです。

木に似せて人工的にデザインした「木目調」の模様であっても、

それが本物ではないとわかる(素材感とか見る人の視力は別として)。

木も人も生き物。

本能的に、心地よいと感じるものや、目が引き寄せられてしまうものってあるんでしょうね。

近年の住まいというのは、

効率よく、規則正しく、工業的な規格品として作られるものでもありますが、

お家時間が長いこの時代だからこそ

木材を見えるところにデザインして、ゆらぎを家の中に取り入れてみる。

生き物としての心地よさが得られるかもしれません。

例えばこんな記事もどうぞ。

1/fゆらぎとは|心地よさとの関係 – 空間情報クラブ
https://club.informatix.co.jp/?p=1994

入交 律歌阿蘇小国杉のくらし 企画係

森のこと、木のことが好きすぎて、熊本の端っこ小国町に移住。SNSなどで林業母子として3歳児と共に木のあるくらしを発信中。昼は小国町森林組合というゴリゴリの山の職場にいます。

このライターの記事を
もっと見る