ブログ

森が香る、ひとしずく

アロマオイルを作っています。仕事で。

私たちの仕事は、森を管理し、木を伐り、木材として家づくりの現場まで出荷するのがメインですが、

そこから派生して生まれたものです。

オシャレ感を演出したいというよりは、

「森の営みのひとしずくを、価値としてお渡ししたい」という考えが始まりで。

家づくりや家具などの木製品づくりに使われるのは、木の幹の部分。

その大きな幹に付属していた枝葉は、森に残されていく存在でした。

棄てられるそれらも、50年、100年を超える時代を経て、私たちが受け取った森のギフト。

何か形にしたい。そんな気持ちから精油の蒸留を始めました。

小国杉の精油は、一般的なスギ精油と比べて、甘酸っぱい柑橘を思わせるような香りが特徴。

グレープフルーツをブレンドしていますか?と聞かれることも。

国立九州大学との調査研究の結果、抗菌効果やリラックス効果が明らかに。

しかも、リラックスしすぎて作業に集中できなくなるのではなく、

作業の精度に影響を与えずにリラックスさせてくれるのだとか。

ご自宅でのリモートワーク中など

ちょっとすっきりと気持ちを切り替えたい時など、いいかもしれません。

木の家を建てた時って、その家じゅうが木の香りに包まれていますよね。

慣れてきて、香りが薄くなってきたかな?なんていう時にも、アロマオイルをひとしずく。

ふわりと森の香りが広がりますよ。

詳しいお話はこちら。

小国の森のエッセンシャルオイル | 阿蘇小国杉のくらし | 

入交 律歌阿蘇小国杉のくらし 企画係

森のこと、木のことが好きすぎて、熊本の端っこ小国町に移住。SNSなどで林業母子として3歳児と共に木のあるくらしを発信中。昼は小国町森林組合というゴリゴリの山の職場にいます。

このライターの記事を
もっと見る