ブログ

「建売住宅」「分譲住宅」どっちを選ぶ? 何が違うの?

土地と建物を一緒に購入できる住宅として「建売住宅」や「分譲住宅」がありますが、これにはどんな違いがあるのでしょうか。家づくりを考えて土地探しをスタートした方も目にすることが多い「建売住宅」と「分譲住宅」の違い。今回はその疑問に向き合っていきます。では、さっそく一緒に学んでいきましょう。

共通していることは?

どちらも土地と建物をセットで同時に購入できる建売住宅と分譲住宅は、同じような意味で捉える方も少なくありません。どんなことが同じで何が違うのでしょうか。

共通するのは以下の通りです。

  1. 購入する前に実際に内覧でき、購入後はすぐに入居できる

  2. 注文住宅よりも割安で、購入価格が明確

  3. ライフスタイルに合った間取りや好みの外観・内観等のデザインを見つけるのは難しい

このような項目はどちらにも当てはまります。

では、建売住宅とは?

建売住宅というのは、元々ある住宅街などの土地に新築住宅を建ててから販売されている住宅のこと。間取りや設備、日当たり、近所の雰囲気などを実際に確認できます。

分譲住宅とは異なり、周囲と異なるデザインの住宅を購入できるのもポイント。建物によっては外構工事が済んでいる場合もあります。

一方、分譲住宅とは?

いくつかの区画に分けられた広い分譲地内に建てられている住宅、それが分譲住宅です。分譲地内では外構(フェンスの高さ、素材等)を揃えないといけないなど、いくつかの制限が設けられている場合もあります。同じコンセプトで建てられている家が並ぶこともあります。

つまり・・・

建売は土地に一つの住宅を建てること。

分譲は広い土地を区画で分けて、複数の住宅を建てること。

そのため、分譲の方が同じような見た目の建物が並んでいることが多いです。

こちらの記事もご参考に…

分譲住宅と建売住宅は同様の意味として使われることがほとんどですが、住宅の売り出し方に違いがあります。その違いは「分譲地に建てられているかどうか」です。分譲住宅とは名前の通り、分譲地に建てられた住宅のこと。土地に番号を付けて販売しています。
一方で、建売住宅とは、土地に住宅を建ててから販売することが多く、土地と住宅をセットで販売します。

引用/ポラスの分譲住宅 

今回は建売住宅と分譲住宅について、その違いをまとめてきました。自分たちの望みをたくさん詰め込みたい!という場合にはやはり注文住宅がオススメですが、入居日までの日数が短くなるなどのメリットが建売や分譲にあります。

その違いを理解した上で、どんな住まいを求めているのかを考えてみてくださいね!

自分に合った家づくりの参考に『くまもとの家と暮らし』もご覧ください。

いまならLINE登録キャンペーン(雑誌を3号分プレゼント!)も実施中です。

※本記事は『くまもとの家と暮らし』の掲載記事より抜粋、加筆し転載しています。

〈参考〉

ポラスの分譲住宅 住宅コラム 

家と暮らし編集部お家の情報 雑記帖

くまもとの家と暮らし編集部が、“今”のお家に関する情報を収集し、ピックアップしてご紹介します!

このライターの記事を
もっと見る