ブログ

さよなら2021。

お決まりのような総括をしてみようと思う。大晦日です。

1月
仕事始めでとてもいい仕事ができて、その後悲しいこともあったけど、仕事に救われた。

2月
これからもずっと会いたいような人たちに会える。経験値が増える。

3月
仕事に笑う。仕事に泣く。

4月
東京に久々行く。肩が壊れかける。

5月
過労、交通事故、夢が散る。以上のことから金髪にする。別人になる。

6月
五島列島に行く。楽園を見つける。

7月
自分の行動力にびっくりする。好きな香りをたくさん見つける。

8月
嘘みたいなことがポロポロ起きる。まだ金髪バブルが続く。

9月
新しいことを始める。たまに精神と時の部屋に入る。サウナに通う。

10月
仕事とプライベートを全力で。息切れする。

11月
嬉しいことを全身で、悲しいことを埋めながら、這いつくばって生きる。

12月
追い込みながらも、明るく生き生き。スタバに通いすぎる。

振り返れば、大好きな仕事で悲しんだり苦しんだりしていて
とてももったいなく思った。
その分、いや倍、素晴らしい経験もした。

見たかった景色、会いたかった人、撮りたかったもの
食べたいもの、踏みしめたい場所、手を取り合いたいあの人
一見、空っぽに見える私って存在は
いろんなもので埋めてもらってるなぁと
深く思える一年でした。
毎年、地元で手相見てもらってるけど、
なかなか当たってるのよ。来年も行こう。

2022年の抱負はまた今度。
今年一年、ありがとうございました。

photo by naturaclassica

大塚淑子編集・カメラマン・ライター

1985年生まれ、福岡県八女市出身。熊本を拠点に編集者・フォトグラファー・ライターとして活動中。かためのプリンとコーヒー味のおやつに目が無い。

このライターの記事を
もっと見る