ブログ

【IE・KURA COLUMN】渡鹿堰で妄想にまみれる春。

時折、目的もなく街を歩きたくなります。そんな日によく訪れるのが、新屋敷から渡鹿へと続く白川沿いの道。カートを押して歩くじいちゃん、散歩中のチワワ、揺れる柳の木。悪くないねぇ。

しかもこの辺りには、かの加藤清正公が整備したという取水用の石造設備「渡鹿堰」があるのです。無類の石好きとしては見 逃せない貴重な遺構、たまらんぜ。

思わず川縁に降りて川の流れに手を浸し、妄想にふけってみたり……。おっと道行くマダムから「怪しいおっさんがナニカしてるわ」的な視線を感じたので、ほどほどにして退散しましょう。今日もレアな石 & 岩を探して、路地を彷徨うアラフォー男子でした(目的あるじゃんね)


執筆者・赤藤 貴規 Takanori Akafuji
画期的な地盤改良工事「HYSPEED工法」の伝道師。仕事柄か、秘められた感性が開花したか()石や岩に対する思い入れがますます募る今日この頃

*『くまもとの家と暮らし』01(2020年1月25日発行)の記事より再掲載しました。

家と暮らし編集部

熊本で家を建てたい方に向けた情報を発信しています。タブロイド雑誌 は年に3回発行(1月25日、5月25日、9月25日)。本体価格500円+税で、熊本県内、福岡県南の書店・コンビニで発売中です!

このライターの記事を
もっと見る