ブログ

たまごさえあれば。

稚拙な家事力しか持ち合わせてない私の食卓には
だいたい煮るか焼くかを施した料理しか並びません、一人だし、そのあたりとても気楽。

これといってこだわりは無いけれど、
洋食は外で食べるものだと思っていて(なぜだろう)
作るのはだいたい和食か中華。

そこにたまごさえあればいいのです。

ある日は手羽大根に煮卵。

冷蔵庫に煮卵ストックしてると安心します。

おかずにたまごが入ってない場合は、味噌汁にたまごインします。
母が作るたまごの味噌汁が好きすぎて、隙あらば味噌汁にドボン。
この日は賛否両論あると思うけど、トマト味噌汁。美味しいよ。

ある日は妄想台湾焼うどん。

ウインナー入ってる時点で台湾色は消えましたが
黒酢と島辣油で補う技。
苦手な黄身と白身を分ける作業をこなし、センターに鎮座させました。

朝時間ない時は立ち食いたまごかけごはんもよくやるし、
仕事で煮詰まった時はゆでたまご作ってるし、
カレーには目玉焼き乗せて完成だと思っているし。

そこにたまごさえあれば。満足よ。

大塚淑子編集・カメラマン・ライター

1985年生まれ、福岡県八女市出身。熊本を拠点に編集者・フォトグラファー・ライターとして活動中。かためのプリンとコーヒー味のおやつに目が無い。

このライターの記事を
もっと見る