ブログ

シンプルなのに美味しい! プロのレシピに感動!〜とうもろこしご飯〜

プロが教えてくれるレシピは、ひと味ちがう。

頭では分かっているものの、「作るのは私だから、結果は私レベルだよな〜」と思っちゃいます。

でも、「え!これ、私が作ったの?」と思う料理が仕上がると

「やっぱりプロのレシピはすごい!」と感動します。

そんなこともあり、レシピも見ずに料理を作ることが9割の私は、

時たま、プロのレシピを真似てみるのです。

で、なるほど、こんなコツがあるのか。とかをインプット。

今回、お手本にしたレシピを教えてくださったのは、

私が(勝手に)ズボラさんの味方!簡単料理の師匠だと思っている

料理研究家の相藤春陽さん。

春陽さんのinstagramは、いつも美味しいものに溢れています。

しかも、レシピも公開してくれる太っ腹ぶり。

色々と真似させてもらっている中で、

感動しまくったレシピをご紹介します。

とうもろこしご飯。です。

これから旬を迎えるとうもろこし。

これまでは茹でて食べる、バーベキューで焼いて食べる、、、くらいしか、自分でやっていませんでした。

お店で食べる天ぷらとか、美味しいけど大変だし💦

とうもろこしご飯も、処理が面倒だし、お子ちゃまメニューだし…と、

自分でチャレンジすることはありませんでした。

でも、これは違う!今までのとうもろこしご飯と違う!大人も感動します!

ということで、レシピはこちら。

1)米を研いで適量の水を入れておく

2)とうもろこしの処理をする(包丁で削ぎ落とす)

3)炊飯器に入れる(芯も入れます)

4)ヒゲは先っぽの茶色くなったところは捨てて、

綺麗な部分をハサミで細かく切って入れる

ヒゲは、玉米髭(ぎょくべいじゅ)という漢方にもなるほど栄養たっぷり!ダシも出るので捨てずに入れましょう(by春陽さん)

5)お米を炊く。炊き上がったら食べる時にバターを乗せて完成!

んっ!?美味しい!

バターを混ぜながら食べると、とうもろこしの甘さとバターの香りがベストマッチ!

味変で、塩胡椒をふると大人好みの味わいになって、ものすごく感動しました。

2合炊いたけど、朝・昼・夜と食べてしまい、完食(笑)

春陽さんは、料理教室も開催されているので、ぜひ、Instagramをチェックしてください♪

ぴちこフリーライター&温泉ソムリエアンバサダー

熊本で一番最初に温泉ソムリエになり、熊本を中心に温泉三昧を楽しんでいる温泉ソムリエアンバサダー&フリーライターです。「ぴちこ」は小5からのニックネーム。本名は、今村ゆきこです。