ブログ

一人暮らしなのに、わざわざソロキャンをする理由

こんにちは。

月に1−2回はキャンプに出かけている

初心者キャンパーです。

(初心者なのにキャンパーって言うの恥ずかしい)

大人になって、泊まるのはコテージばかりでしたが、

災害時用に「ポップアップテント」を買ったのをキッカケに、

海辺でBBQしたら、そのまま外で泊まる、なんて機会が増えました。

庭でアウトドアっぽいことをしていたので、

焚き火台はあるし、チェアやテーブルもあるし、

案外、ちょっと買い足したくらいでデビューした感じです。

ちなみに、ソロになったのは、

このご時世ということもあり、みんなでワイワイと旅行などに出かけにくいのと

ワンコと一緒に泊まれるところが少ないこともあり

6月からソロキャンをするようになったんです。

最初は、管理人さんが常駐しているファミリー向けのキャンプ場。

まさかの、私が借りているエリアは貸し切り。

ポツン、、、、ファミリーいないじゃん!

続いては、川遊びができる、ファミリー向けのキャンプ場。

近くのテントの子どもたちに相手してもらいました(笑)。

「夜、寂しくないと?」と聞かれますが、

相棒の六花ばあちゃん(推定14歳のシニア犬)がいるので

意外と怖くなくて、心地よい時間を過ごしています。

(ただし、場所選びは慎重です)

一人で過ごす時間は、とても気楽で

食べたい時にご飯を作って、

ボーッと焚き火を見ながら、

お酒を飲んで、眠くなったら寝る。

なんの変哲もない、普通のキャンプですが、

元々、自然が大好きなこともあり、

星空を眺めたり、虫の声を聞いたり、自然の中で過ごす一人の時間は

満足感が半端ないんです。

(モスラが飛んできたら悲鳴ものですけどね…)

よく考えたら、一人暮らしをしていて

キャンプでも一人の時間を過ごすって、

そんなに一人が好きなのか?って思われますが

実は寂しがりやです(笑)。

普段、取材などで人と接しているからこそ

こんな非日常な場所での一人時間が、贅沢に感じるのかもしれません。

満足して、ちょっと寂しくなって

また人に会いたくなって、

よし、仕事を頑張ろう!って気になります。

それと、やっぱりこんな仕事をしていることもあり、好奇心は旺盛。

県外に旅に出てワクワクするように、熊本県内なのに、知らないことばかりで

「こんなキャンプ場があったんだ!」って発見ばかり。

とても刺激になります。

あ〜、温泉×キャンプで、特集組みたいな〜。

ぴちこフリーライター&温泉ソムリエアンバサダー

熊本で一番最初に温泉ソムリエになり、熊本を中心に温泉三昧を楽しんでいる温泉ソムリエアンバサダー&フリーライターです。「ぴちこ」は小5からのニックネーム。本名は、今村ゆきこです。

このライターの記事を
もっと見る