ブログ

40代独身女に、持ち家は必要か?

40を過ぎて、将来を考えた時に思うのは、「家」のこと。

現在は、実家を出て、賃貸で暮らしているので、

いつか、ここを出なきゃいけないだろうし

バリバリ働いているうちは良いのですが、

歳をとって、年金で家賃を払い続けるのは、無理そうだし、、、

と、色々と考えています。

あ、もちろん、前向きに。

実家が大津ということもあり、田舎暮らしもいいな。と思っていますが、

よく考えると、、、歳をとってから、新しい土地で暮らすということは

それから、新しいコミュニティを築かないといけないということ。

それって、結構大変なことじゃないのかな?

40代になって数年。

バリバリ働ける年数は、間違いなく少なくなってきています。

今のうちに家を建てて、地域の方と仲良くなっていたら

おばあちゃんになっても、安心して暮らせるかも。

40代独身女にとっての「家」は、未来に向けての、貯金(安心材料)のようなもの。

そう考え出してから、頭の片隅に、いつも「家」がいます。

理想の家

どんな暮らしがしたいか

私の経済力で、どんな理想がかなうのか・・・

「終のすみか」

というには言い過ぎかもしれませんが、

私にも、そんな場所が見つかったらいいな。

実家からの景色を眺めながら、そんなことを考えている10月でした。

ぴちこフリーライター&温泉ソムリエアンバサダー

熊本で一番最初に温泉ソムリエになり、熊本を中心に温泉三昧を楽しんでいる温泉ソムリエアンバサダー&フリーライターです。「ぴちこ」は小5からのニックネーム。本名は、今村ゆきこです。

このライターの記事を
もっと見る