新築実例

住みやすさ+冒険 プロがつくった自分のための家。

ハウスビルダーの建築士が自分のためにつくった住まいは、奇をてらわない。だけど新しい。
  • リビングに繋がる中庭は、子どもが走り回れる広さ。休日はバーベキューをしたり、プールで遊んだり。ファサードを設けることで、プライベートが守られた空間に。

  • リビングの窓辺は、息子くんのお気に入りの場所。少し高めの場所なので、外からは中が見えない造りに。

  • 広々としたリビングは、ZEH仕様なので真冬もエアコン1台で温かく。ドアを開けっ放しにすれば、1階全体が温かい。

  • キッチン横にパウダースペースを設けることで、朝の支度が断然ラクになったそう。リビングからは見えないように設計にもひと工夫。

  • ドアは格子戸でアクセントを。

  • 1階の床はローズウッドで統一。この床材はご主人がどうしても使いたかったものなんだとか。

  • リビングのダウンライトは明るすぎず暗すぎず。目が疲れないように配慮している。一面だけに施したグレーのタイル張りが空間のアクセントに。

  • 玄関から直接繋がる和室は、あえて低い天井につくり落ち着ける空間に。

  • 階段奥には娘さんのピアノを設置。ちょっとした空間も有効活用。

四角い窓から
見える景色は
まるで風景画のよう

多くの家を設計してきた建築士が、実際に自分の住まいを建てたとしたら…。独創的できめ細やかな設計力に定評がある[コンフォートハウス]。今回お邪魔したのは、甲佐町にあるTさんの住まい。実はご主人、同ビルダーの建築士でもある。渾身の住まいには、プライベート空間を意識した中庭に、ZEH仕様という[コンフォートハウス]らしさは残しながら、自分の家だからこそできる”冒険“を加えた。「冒険部分はこうしたら住みやすいんじゃないかという、頭の中のアイデアをカタチにしたもの。これからお客様に提案するときに役立つんじゃないかな」とはにかむ。

大きな窓が印象的なリビングは、入ってすぐのスペースが高天井に。上部にある大きめの窓から見えるのは、きれいな青空。それはまるで白壁に飾られた風景画のようだ。「北側にあるので、直射日光が入らずに明るさを取ることができます。ソファから見える青空がお気に入りなんです」。

冒険=アイデア
体験して分かる
使いやすさ

ご主人のこだわりに付き合った奥さまに話を聞くと「私の意見はほぼ反映されてませんよ」と苦笑い。「流行りのオシャレな家とかネットやテレビで見るじゃないですか。それを主人に見せても、これは使いにくいとか、住みにくいとか言われちゃったので」。ご主人が奥さまに言っていたのは“奇をてらわない普通の家が住みやすい”ということ。壁紙を白に統一したのも、シンプルな空間を意識したからこそ。「歳を取ると好みも変わるので、住まいにあまりに色を付けたくなかった。自分たちの色を付けたかったら、絵や雑貨を飾ればいい」。たくさんの住まいをつくった建築士ならではの視点だ。

冒険した部分を聞くと「たくさんありますが、一番目立つのはキッチン横のパウダースペースかな」とご主人。大人2人が余裕で使うことがきるパウダースペースは、あえて浴室の隣には作らず、家族が集まるスペースに設置した。朝の支度がリビングでできるというのは思った以上に便利なんだとか。自分の家をつくったことで、[コンフォートハウス]の家づくりにさらに自信が持てたと話すご主人。家族のために建てた住まいは、これからの住まいづくりにも繋がっていく。

物件概要

ハウスメーカー コンフォートハウス
予算
間取り 4LDK+WIC
階数 2階建て
建物構造 木造軸組工法
性能 耐震 高気密 高断熱 省エネ 創エネ ZEH(ゼッチ) 通風 採光 ガス
素材・工法 木造
ライフスタイル 家事がしやすい 子育て世代

この物件の事業所

コンフォートハウスは、お客様の暮らし方やライフスタイルを見据えた住まいにこだわり、その実現をお手伝いする注文 住宅専門の会社です。なかでも、コンパクトで機能性に優れた「平屋住宅(フラットスタイル)」の提案、快適で地球にもお財布にも優しい「コンフォートなZEH」の推進に力を入れており、コスト面だけでなく健康や耐久性にも配慮しながら家族のカタチに寄り添う家を提供しております。

もっと見る

この事業所の新築事例紹介